やりがい

明日、明後日は石本ジムにて体操の大会があります。先日、大会の連絡を保護者の皆さんにメールで回したところ、ある保護者が、その子供たちに関してこんなメールをくれました。文章中のtheyは男兄弟二人の生徒さんことで、名前がSean、そしてDominicといいます。Splitは開脚で、Bridgeはそのままブリッジです。西田ジムでは、必ずクラスの最初と終わりに三つのGymnastics rulesを生徒に質問します。「先生の言うことを聞く事」「待っている間は静かに座っていること」「あきらめずに、トライし続ける事」。
I know they are really too big for competitive gymanstics, but they are really enjoying the programme.  Sean’s split is getting wider and wider and Dominic is working on a higher bridge.


They are applying the gymnastics rule  “never give up” to so many other areas of their little lives.  They both had their karate gradings today.  Dominic was promoted to senior white belt and Sean, who at first did not like karate is now a blue belt. 

 

Thank you for your pateince and all that you are teaching them, including lessons for life.
ショーンとドミニク
はい。皆さん、辞書もってがんばって読んでください。こういう話を聞かせていただくと、ほんと体操の先生やってて、子供の成長とかかわれる仕事をしててよかったと思います。ただ、成長にかかわれるという事は、接し方によっては子供をだめにしてしまうという可能性もあるという事。そのことも忘れず、誠意を持って生徒たちと接したいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ウツボ丼

NO IMAGE

海に感謝祭り

NO IMAGE

ダニエルの鞍馬

NO IMAGE

オーラン・リチャーズ

NO IMAGE

堪能ニッポン

NO IMAGE

こんにちわまっち棒