ハコふぐ

皆さんは、ハコふぐなる魚をご存知だろうか。結構けったいな魚で、日本で一般家庭の食卓にならぶことはめったにないと思いますが、これが実はむちゃくちゃ美味しいらしいんです。五島列島の郷土料理、「ハコフグの味噌焼き」こちらでございます。時期によっては値段は「時価」。なんと一匹数千円することもあるそうで。漁獲高がものすごく少ない魚らしく、過小価値が結構あるらしいんですが。
こちら、ジャマイカ産100%のハコフグでございます。ちょっと、色が違う。でも、これは絶対ハコフグ。リンク先のページにも書いてましたが、泳ぐときはひよひよ~っとそれはかわいらしく泳ぎます。なので、実は獲るのは簡単。大きさはそれほど大きくなく、片手に乗るくらいです。
IMGP1478.JPG
さて、今までこのハコフグ、現地の猟師さんが食べていたことを知っていた私、時々捕まえて内臓と肝を全部きれいに取り出して、中のちょこっとした身を出して天ぷらとかにして喜んでたんですが。
なんと今まで全部捨ててた肝に価値がある魚だったのです。ががーん。だって、フグだもの。毒あるかとおもうやんねぇ。
というわけで、今回がっつりリベンジです。五島列島郷土料理、「ハコフグのみそ焼き」に挑戦。
IMGP1479.JPG
こちら捌いて内臓を取り出し、今まで全部捨ててた貴重な肝を洗った状態。この魚、体の大きさの割りに肝がすごく大きいらしいです。これに、きざみネギと味噌を混ぜ、ハコフグのおなかに戻します。
IMGP1480.JPG
こちら戻した状態です。もうちょっとネギ沢山入れたかったんですが足りず。ちょっとボリュームにかける・・・。
IMGP1481.JPG
アルミホイルに包んで火にかけます。ジムの事務所です。
IMGP1484.JPG
どどーーーん!と出来上がりました。ハコフグのみそ焼き!味噌と絡み合う肝、そして柔らかい身をしっかり混ぜ合わせてからいただきます。
IMGP1485.JPG
今までずっーっとやりたくてなかなかチャンスがなかったという期間があったためか、これは下手したら海の幸No.1の味かもしれないくらいの味でした。これはやばいよ。次からハコフグみたら一目散にぷすっと行きます。ハコフグキラー、ここに誕生です。目指せ1000匹。

 この記事へのコメント

  1. tam より:

    僕がジャマイカ行った際はぜひともそれでお願いします!
    てか、肝とったからって普通フグは素人が手を出しちゃまずい食材でしょ‼

  2. 健治 より:

    そのフグは毒大丈夫なん?
    食ってみてぇ~~

  3. 父母 より:

    自然界のフグは、そのフグが食べている物によって体に毒が蓄積するものです。何か心配だな!
    とりあえず、食べる量を少な目にしておくなど、十分気を付けてくださいね。

  4. hideshi より:

    禁じ手じゃろ。
    愛らしすぎるし。。

  5. エース より:

    オレ毎日10時と3時のおやつに食べてるよ?

  6. より:

    少なめというのは、まず、つまみ食いだけしてみる。で、食材は、冷蔵庫に入れて保管、一晩寝て自分の体の様子を見る。異常がないようだったら、次の日、本当に食べる。初めてのきのこを食べる時、図鑑に、食と書いてあっても、我が家では必ずそうしています。
    大切な息子を、そんなことで失いたくないので、くれぐれも気をつけてね。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

怒涛の一日

NO IMAGE

近況報告やーまん

NO IMAGE

サングラス王子

NO IMAGE

日本からの贈り物

NO IMAGE

東北大地震

NO IMAGE

こめさん一家