フロリダ遠征前日

遠征の日程がビザ取得の関係で金曜から土曜に変更に!多くのハプニング、睡眠不足にさすがに疲れが限界に来ていた私、夕方5時から9時までもりっとジムで寝て、回復を計ります。Mr.Mcnight、その間勝手に練習します。
さて、予定通り体力回復させ、変更した航空券、フライトナンバー、時間などの確認、他にも現地についてからの予定など、間違いがないようにくまなくチェック。変更になった出発は土曜の早朝、この時点であと数時間後です。もともと金曜の昼出発の予定だったので、荷物の詰め込みなど基本的に準備は万端。しかし、念入りに考えてみると足りないものってあるものなんですね。あ、コレ、あとコレもあったほうがいいか?みたいな。で、夜中の2時ごろ車まで旅行用のかばんと取りに車へ。愛車リムジン(愛称)まで20mほど近づいたところで、止めていた場所に車がなく、違うところに止めていたことに気付く。「あー今日は心底疲れてたからなぁ~」と、くるっと回ってそこまで行こうとしましたが、何かおかしい。止めているはずの場所に車がありません。あれ、どこに止めたっけ。と思い駐車場をくるくる歩き回る私。んん??どこに止めたっけ?と記憶をたどる。疲れていたとはいえ、どこに駐車したか覚えてないなんて事はない。夕方の4時、別に酒に酔ってたわけでもないし。金曜の4時ごろを鮮明に思い出し、やっぱりここに止めてるやんか~と思って振り向く私。
ない!!
やっぱり車がない!!!
リムジン逃げた!!!!

なんで!?誰かに車貸したっけ?いや、貸してないぞ。絶対貸してない。
あ!誰か同じ場所で働いてる奴がジャマやったから動かしたのか?きっとそうや!とジムの敷地内を走り回る私。夜中の2時、パジャマ姿のまま全速力でジムの周りをぐるっと一周。
・・・やっぱりない。
もしかして・・・・・・・・・・盗難?
やばい!車の中に遠征の荷物いれたまま・・・
あ!!!ジョバーニとダニエルのパスポートとビザ!!!
・・・・はジムの中や。小さいかばんに入れたから。
あーーーーーーーでもダニエルのプロテ車の中や!!!!!
どわーーーーーーーーーーどうしよーーーーーーーーーーお
パニックとはまさにこの事。遠征の前日に車盗られるとか、そんなマンガみたいな展開いらんっつーの!!24時間いるはずのセキュリティーは影も形もありません。メインのゲートはしまっているものの鍵は開けっ放し。どこにおんねん!!
とりあえず、パニくる気持ちを落ち着かせ、とりあえず近場においてないか聞き取り調査。たまたま近くでやっていたパーティに参加している人たちに聞いてみる。そして近所の駐車場なども見に行ってみる。この時点で2時10分。誰に聞いても「何もみてないけど・・・警察に電話したら?」という返答に、あーこりゃやられたわ。とポリスへ電話。オーナーにも連絡。20分後に眠たそうな警察官がジムへ到着。
「で、何があったん?」
仏と呼ばれる西田組長その瞬間右こぶしをきつく握り締めてしまいましたがそこは紳士に事情を説明。とりあえず車の車種やら特徴やら盗られたときの状況やらを書き留めるポリスレポートなるものを提出するため一番近くのCross Road Plice Stationへ。半目の警察官からいくつか質問を受け、盗難の状況などを詳しく説明。と同時に、明日の遠征をどうやって切り抜けるか考える。遠征の持ち物をリストアップした紙を警察署に持ってきていたので、それを見ながら何が補えて、何が補え不可能かを書き込む。なんと一生ものにするつもりで大事にしていたチームフラッグや友人からの贈り物、買いたてのシューズやお気に入りのジャマイカジャージまで全部車の中。しかぁーーーーし!!!不幸中の幸いとはこの事、自身と生徒二人のパスポート、12時間前に必死でゲットしたビザたちは小さい方のかばん、ジムに持って帰ったかばんに入れてあったため無事。ならば物理的にはアメリカへ行ける。生徒の送り迎えやらはマイケル先生にお願いすればなんてことはなし。問題はダニエルのプロテ。出来る事といえば、持ってる限りのプロテ全部持っていって、一番合うやつを選ぶ事くらいか・・・。ふむふむ。ポリスレポートの手続きを進めながら、同時進行で遠征準備を進める。この時すでに午前4時を回る。キングストン出発まであと1時間ほど。うわぁ~またぎりぎりぃ~わらえなぁーい。
結局4時半を過ぎても全部の手続きが済まず、必ずやっておかないといけない部分だけを済ませ、緊急連絡先はジムのオーナーさんにお願い。5時にジムへ帰還。準備するものを書いた紙を見ながら、遠征準備一からやり直し。交換できないものはあきらめるしかない。ああ!カメラすらない!!!ぐわー知人からかりたカメラなのに!!!!誠意をこめて誤って、弁償させてもらうしかないわ・・・遠征写真なし!?これはまずいなぁ~とかなんとか思っている間にマイケル先生と事情を知らないジョバーニ、ダニエルがHでし氏の運転によってジムに到着。ここで、なんとHでし氏スーパーファインプレーデジカメを偶然持っていたためありがたくお借りします。「もし盗られたら弁償して返しますんで・・・」自分で言っておきながら、なんとも説得力?のある言葉。あー頭痛い。
車盗られたからってしなへんわぁ!と自分に言い聞かせ、ジョバーニダニエルに事情を説明。すぐさま皆で空港へ。いやー、睡眠時間ゼロですよ。よかった前日ねといて。
こうして、われらがジャマイカン体操野郎どもとの愉快なアメリカ遠征が始まりました。なんて劇的な始まり方。もうちょっと和やかにはじまってもよかったけど?じゃまいか、やってくれるぜ。しかし、まだハプニングは終わらない。はい。次回へ続く。

 この記事へのコメント

  1. けんじ より:

    えー、まだあんのっ!!?

  2. あずま。 より:

    僕がジャマイカ行きが近づくにしたがいハプンが増えている(>_<)
    そんなわけで明日セントレアからフライトします☆
    しばしお待ちを☆

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

相変わらずの野郎ども

NO IMAGE

海の浪漫

NO IMAGE

短期隊員募集

NO IMAGE

帰国前夜

NO IMAGE

器具到着

NO IMAGE

今年もよろしくおねがいしやーまん