迷子犬

西田ジムでは、なぜか数か月に一回くらいの間隔で動物迷い込んできます。子犬だったり猫だったり。
今回は明らかに飼い犬な感じのかわいいプードル(やったとおもうんですが)。
土曜日の夜、コーチたちと忘年会的な飲みをしていたらトイレで発見されました。大変怖がっている様子。
足をけがしている様子で、とりあえず電話で獣医に様子を伝えたら「足の怪我ならすぐに死んだりとかそういうことはないから、チャリティで犬のケアと里親探しをしてくれる団体に連絡とるといいよ」とのこと。
ジャマイカでは週末は獣医さんも基本お休みで、緊急で開けてもらうとなるとお支払いもノーマンな感じになってしまいます。まあ餌にあげたチキンももりもり食べてたし、ひょこひょこしながらも外歩いてたし、とりあえずは大丈夫だろうということで、様子見しながら月曜日までジムで保護することに。
でも明らかに飼い犬なので、きっと近所から来たんだろうなぁーということで、セキュリティ犬にほえられまくりながら日曜の夜近所でビラまき。ジャマイカの一般家庭では、セキュリティのために犬を飼うことがよくあるんです。治安の問題で夜に外を一人で歩くなんてめったにしないんで、なんか新鮮でした。実際数年はしてないと思う。
するとなんと、
次の日の朝7時前に飼い主が現れました(電話で起こされました)!
飼い主さん感動の再開&大喜び。あーいいことした。徳たまりました。
足直してもらって元気にすごせよー
P1150434.JPG

 この記事へのコメント

  1. たむら より:

    徳貯めてますねー!
    あと1兆回くらい繰り返したら死後も軽めの地獄で済みそうですね!

  2. kumicho より:

    ジャマイカでがっつり徳貯めてるから、西田家は死後は天国でしかも海辺の別荘つきですよ。たむらはきっと・・・ゴホンゴホン!!いや、なんでもないです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

誰でしょう?

NO IMAGE

こめやとジャマイカンまくら

NO IMAGE

大会決定?

NO IMAGE

マイケル・グランディスン

NO IMAGE

生活環境の大切さ

NO IMAGE

大会-進級テスト-遠征-大会