Pan American Cup@ペルー

がっつり気合入れて準備してきた11月のPam American Cup。昨日ついに試合要項がすべてスペイン語できまして。まあスペイン語なんてまったくもってさっぱりなので、さっそく今日スペイン語のできる保護者にお願いして訳してもらいました。
すると3ページ目に、予想だにしなかった新事実が!!
審判派遣できない国は、US1000ドルを審判確保のために支払う事。

がびーーーーーん。これは痛い。なんでそんな高いの!?しかも、なんとこの試合、予選と決勝がちゃんとあってエントリー代も高い高い。というか、国として支払う分と、選手として払う分があって、両方あわせてUS250ドル。むむぅ。さらに、試合当日だけいけばいい、ということではなく22日に行われるミーティングにも代表が必ず参加すること、とあり、ダニエルの試合は26日。この間、会場練習が一日、女子の試合が二日。すくなくとも5日間は宿泊。宿代が・・・しかもどうせミーティングもスペイン語でぜんぜんわからんやろうし。
ジャマイカのノリで、とりあえずなんとかなりませんか?的なメールをしてみましたが(してる時点でかなり失礼ですが、まあペルーも南米だしきっと大丈夫)、まあ無理だろうなぁー。費用が思った以上にかかりそうなためこちらキャンセルかもしれません。強引にいってもいいけど、多分来年のアメリカ遠征にいけんくなります。ぶへ。
奇跡の審判代免除とかならんかなぁー。ジャマイカからの参加初だし。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NO IMAGE

怒涛の一日

NO IMAGE

遠征期-ジャマイカの体操野郎ども-

NO IMAGE

学ぶわたしたち

NO IMAGE

アクシデント続出

NO IMAGE

東北大地震

NO IMAGE

びっくりTV中継