ジャマイカ体操協会

先日大急ぎで、体操協会のHigh Flyer Awardの体操選手(まあゆうなればナショナルプログラムみたいなもんか?)に、見事ダニエルが認定されました!年に一回、男性と女性一名ずつの体操選手に対して海外遠征の援助をするというもの。航空チケットや宿代などが含まれます。で、今日は体操協会が活動資金を得ているSports Development Fundationというところで、その代表と写真をパシリ。よくあるスポンサーと握手してるようなやつね。をやってきました。もうちょっとメディアがきてるのかと思って身構えてたんですが、写真取っただけでしたwまあ、これを行うことで今後も支援金をいただいたり、新聞に載せて体操協会の名前を世間に広めたり、今後のスポンサーを募るのに資料作りに役立てたりと大変重要になってくるんですね。きっと。まあ、それよりも心配なのは今週木曜のビザインタビューですが・・・。もうぼちぼち準備はできたので、あとは祈るばかり。
それにしても、今の体操協会の人材、しくみ、ジャマイカで考えればものすごくいい人たちが集まっていると思うんですが、もったいないなぁと思うのが、マーケティングの部分がほぼ機能していないこと。会長ががんばって引っ張ってくれているからなんとか持ってますが、委員会全然機能してません。ここ今からがんばっとかないと、もしSDFからの援助が切れたら、今体操協会が行っているプログラム、ほぼ全部続行不可能になっちゃうんですよね・・・。例えば今僕がやらせてもらっているスクールプログラム、これに去年がばっと資金が下りたんですが、もっと支援金が集められる活動だと思うんですよね。プライマリースクールだけじゃなくて、ベイシックスクールや、地方巡回、大学や高校などなど。やってる母体が体操協会で政府の組織だし、プライベートのジムよりなおさら資金は集まりすいと思います。がんばってそっち方面もやりたいけど、自分のジムのほうが先だなぁ・・・あー時間がもっとあればいいのに。今後、体操協会はジャマイカ中の体操教室が余裕を持って経営を続けていけるサポート、そのしくみ作りと、地元ジャマイカンインストラクターが食っていけるように、もっと彼らに仕事と給料をあげれるようにならないといけないと思います。地元のインストラクターが食っていけるようになれば、きっと体操はもっと発展するし、根付いていくはず。そして体操が広がれば、体操好きな子供たちに、健全な時間と笑顔をもたらしてくれるはず!体操協会、もっと色々できると思います。考えろ俺。

 この記事へのコメント

  1. momo より:

    おめでとうございます!
    ビザインタビューもうまくいくことを、お祈りしています( ̄人 ̄)

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

祝開ジム

NO IMAGE

Jぺい帰国

NO IMAGE

選挙と治安

NO IMAGE

来月の試合に向けて

NO IMAGE

大会→進級テスト→クリスマスパーティー→シャコーイ吊り輪一位

NO IMAGE

NISHIDA GYM SUPPLY