フロリダ遠征記②

順調な滑り出しの初日を終え、二日目はついに大会です。試合開始が8時からということで、食事は5時、まあ遅くとも5時半にはしっかり食べた状態で済ましとくのが良いとのこと。当日は4時半に起床です。自分の試合でもこんなに早く起きたことないし・・・。
みんなグーグー寝てましたが、さすがに試合当日だけあって一度起こせばさっと起きてシャワーを浴びたり朝飯を食べたり。そんな中、ジョバーニだけはなかなか起きません。大物の香りがします。ただずぼらなだけか?
起きないジョバーニ
5時半からはホテルについていたフィットネスジムでザリ。ここで軽いアップをしておくことで、体をしっかり目覚めさせます。ここでも今まで触ったことのないトレッドミル(その場で走れるやつ)とか自転車こぐやつで大興奮でした。ジョギング、簡単なジャンプから着地の練習、柔軟やって倒立やって終了。ホテルを7時前に出て、会場には7時ごろに着きました。どうやら男子チームでは一番乗り。会場についてからはバナナで糖分も補給。会場に下りて、全員で器具のチェック。ジャマイカではうちの器具、Iもとジムの器具の二種類しかさわる機会がないので、器具に対応するということにあまりなれていないやろうども。平行棒のすべり具合、バーの固さ、あん馬のすべり具合や床・ロイターの跳ね具合などチェック。
会場
そうこうしているうちにほかの男子選手が到着。野郎どももこのへんからやっと少し緊張してきた模様。ちょっと口数が減ってきます。いつもこれくらいだったらいいんですが。アメリカの試合は直前の一時間アップ+3分アップではなく、最初に20分床の上で器具を使わないアップ・ストレッチ+10分アップの後そのまま演技という形で行われることが多いようで、今回もそうでした。選手的にはやりやすい形ですね。
20分のストレッチ中はさすがにほとんど無口のやろうども。真剣にやってます。今回大会に向けて試技会は10会回近くやりました。アップのところから本番のようにやっていたので、いつものとおりやるだけ。本番変に落ち着かない、無駄に緊張するというのを防げたひとつの理由ではないかと思います。
いよいよ最初の種目平行棒へ移動。最初の演技者はダニエル!よかったージョバーニじゃなくて・・・w
続く。

 この記事へのコメント

  1. ひでし より:

    大物の香りは、
    寝る前にこっそりシュッシュとスプレーしてたからじゃろ。

  2. kumicho より:

    そうか、あのスプレーのせいか!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

リオ予選通過規定

NO IMAGE

新記録達成@シェフさよならえび祭り

NO IMAGE

遠征延期

NO IMAGE

帰国まであと8日

NO IMAGE

6月の大会

NO IMAGE

堪能ニッポン