ジャマイカの黒い方

統計の取れている国の中では、人口における殺人事件率が世界一高いジャマイカ。新聞などでは「Muder Capital in the world」、要するに「世界の殺人首都」と書かれることもあります。世界の殺人首都と呼ばれる原因を作る悪い方向へ走ってしまった人たち、といっても彼らが悪くなってしまったのは全部彼らのせいではなく、そうせざるをえなかった部分、育った環境や、一緒に時間を過ごした人の影響がその大きな理由だと思いますが、そういう人たちがこのジャマイカに多くいるという事、ジャマイカがそういう状況だと言う事、悲しい事実です。
先日、アルバイトで働いてくれているケリアン・ロビンソンという先生の家から10mほどのところで人が撃たれ、日曜日の昼12時頃にガンファイティングがあったとのこと。結局一連の事件で合計3人が射殺され、その日の晩のニュースに出たそうです。彼女はゲットーで育ち、今もゲットーに住んでいます。非常に素直で、仕事も真面目にやるすばらしい先生です。「本当にこのまま死ぬんじゃないかとおもった。真剣に引越ししたいよぉ・・・」と言っていましたが、引越しするお金もないし、結局そこに住むしかありません。何もやってあげられないのが心苦しいです。もっと生徒さんあつめて、もっといい給料はらってやれたらなぁと切に思います。ていうか、まだ自分すらちゃんと給料もらえてない状況やからなぁ・・・
ケリアン先生20歳
指導中のケリアン
そして昨日は、練習終わって携帯を見ると、なんと不在着信が8件!ジャバーンのお母さんからで、「今日シューティングがあったから、このメッセージみたらすぐジャバーンを家に送って欲しい」との事。あいかわらずホワイトホール(ジャバーンの住むゲットー)も危なさそうです。
マンゴー片手にジャバーンとダニエル
日本人の友人も、こないだ初めて死んでる人みたよ・・・しかもたまたま2回も!だって。まあ、それは原因は分かりませんが。暗いニュースが続きました。
そんな中でも、道を聞いたら身を乗り出して案内してくれるおせっかいな、こっちがクラスしてんのお構いなく、「あのマンゴー食い時だぜ」って教えに来てくれる(マンゴー仲間)、道の反対側にいるのに大声で呼びかけてくる、そんなステキジャマイカンに救われています。うまいマンゴーにもだいぶ救われてます。
せっかくこんな国にいるんだから、平和なジャマイカの将来に体操を通じてもっと貢献していけるよう頑張ろうと思います。まずは自分の生活もちっとましにするぞ!

 この記事へのコメント

  1. masuk より:

    ある意味俺も、黒くなったよ。
    少し大人の会談上った気ぃするもん。

  2. あずま より:

    あ~こわ(>_<)
    僕が体験した黒い部分よりはるかに黒いですね(+_+)
    みんな無事でなにより☆西田さんもうたれないようにしてください(T_T)
    うたれても大丈夫なように腕にチタンいれてください♪
    それにしてもみんなバンブーTシャツなのがすばらしい♪
    う~ん超かっこいい(^-^)v

  3. kumicho より:

    >あずま
    皆アレしか体操Tシャツないから・・・組Tは遠征とイベント用に渡してないしwみんなのお気に入りです☆もし撃たれたら海老食って治すから大丈夫!
    >masuk
    誤字おおすぎっすw日本はそんなに波風きついですか?ちなみに、大人の階段というか、見事に超人になりましたよね。○ミ風呂。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

続く水不足

NO IMAGE

筋肉は裏切らない

NO IMAGE

TOEIC

NO IMAGE

じゃまいかの夏2007

NO IMAGE

ジャマイカとクリスマスと胃もたれ

NO IMAGE

New西田ジムオープン!