フロリダ遠征記①

 遠征初日。朝5時代にジョバーニ・ダニエルを拾いIしげ先生の車で空港へ。さっそく荷物をチェックインし、出国に必要な紙をどうやって書くのかジョバーニダニエルに指導。自分の名前以外何もかけなかったジョバーニは一応指導付きでぼちぼちかけるようになっていました。成長を感じる。すばらしい。それにしても。今回はチケット、ビザ、車の盗難など大きな問題はなく、そうとう順調な滑り出し。あぁ心にやさしい。
空港で
エレベーターやエスカレーターに興奮しながら空港内をきょろきょろ見渡す野郎ども。田舎もの丸出しで恥ずかしげもなくエスカレーターを逆走します。スカイトレインでは吊り輪の演技が始まります。スカイラインではしゃぐダニエル
キングストンからマイアミへ、マイアミからオーランドへ。ここでも飛行機の遅れなどなく順調に2時ごろオーランドへ到着。タクシーで移動すると自由に動きにくい上にお金がかなりかかるので、レンタカーを借ります。ここでジャミンの親父タラワが大活躍。一応私もアメリカで運転していいんですけど、人生30年、いまだに道路の右側、しかも左ハンドルで運転したことないのでいきなり何時間も運転するのはちょっと・・・。でも、今回しっかり子一時間ほど運転練習しました。次はがっつり運転もイケます。気を抜くと車の右タイヤが中央線からはみ出しそうになります。いかんのーまん。
オーランドについてからは会場見学。試合が次の日朝8時からと激はや(ちなみに次々違うセッションが行われ、夜は9時まであります。長い!)なので、受付や道順などすべて前日に把握しておく必要があります。さらに前日から普段使わない器具、会場の雰囲気を見ておくことでイメージトレーニングもより本番に近く行うことが出来ます。
前日大会会場で
前日はオイリーなものは控えつつ元気をつけるためしっかり食べ、なんだかいいらしいクエン酸を含むオレンジジュースをがぶがぶ飲み、一週間前からはサプリメントのビタミンB群もがっつり補給。ホテルに帰ってからは月曜日に行って全員ほぼノーミスでできた試技会のビデオもみんなで見て、演技の最終チェックです。
大会の前日であるにもかかわらず。ホテルのプールを見て「先生、いっていい?」とか、会場に併設してあったゲームコーナーを見て「先生、いっていい?」とか、いつのまにやらどこかからセクシーな女性がデザインになっている音楽イベントのチラシを隠し持っていたジョバーニ以外は
準備も心構えもばっちりです!ジャミンはもう落ち着いたもんで、ひとりでしっかりイメトレしたり、大会や演技のこと聞いてきたりしてました。彼は絶対伸びるねー今後。
TVを見たがる野郎どもをなだめ、次の日朝4時半起床に向け野郎どもは9時には就寝。私は何かもれがないか、器具のチェックの順番など最終チェックを終え12時ごろ就寝。
続く。

 この記事へのコメント

  1. Kenji より:

    なんだか怖くなるくらい順調な滑り出しやったんやねー。ところで右タイヤが中央線からはみだしたら、完全に反対車線じゃない。。。?

  2. たむら より:

    まさか、30にもなって右と左を間違えるわけないし、きっと完全に反対車線走ったに違いないね!!

  3. kumicho より:

    はみ出しそうになった、っていう話!完全にはみ出したわけじゃあありません。
    左ハンドルだから、いつもの視界で道路走ると右によるんだよー。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

府民総体結果

NO IMAGE

迷子犬

NO IMAGE

らびさんとあいりさん

NO IMAGE

どーだ!

NO IMAGE

NISHIDA GYM SUPPLY

NO IMAGE

アップタウンといれ