世界一速い男とゲットーとヤムイモの話

ゲットー出身のボルトのゲットーの話が非常にジャマイカな非常に興味深いお話です。

ヤムイモを食ってるから速い
、というジャマイカ工科大学教授の「モリソン理論」、他の陸上種目がだめなのは、はやりじゃまいかんには生まれもって忍耐力が足りないという「西田理論」は世界で認められるのか?

すべての答えは、ここに。

いや、ほんと面白いからぜひ読んで!

 この記事へのコメント

  1. machiko より:

    YEAH MAN!!
    読みましたYO!
    結局、ボルトが俊足な理由は突き止めきれていないですね、テーマは「ボルトの作り方」ですが・・・(笑)
    それより何より、こうゆうことをきっかけにジャマイカのことを一人でも多くに人に知ってもらえるのが嬉しいですね!!

  2. kumicho より:

    実はそうだねーw
    俺が思うに、ジャマイカでは
    1.足の早い人が他のスポーツではなくて陸上をやる。
    2.奴隷時代に体の強い人が生き残って、その子孫だから生まれもって体が強い
    というのが現実的な理由な気がする。
    まあ、にしてもジャマイカの陸上短距離の強さは異常だけどねー。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

NO IMAGE

ハラヘッタナー

NO IMAGE

試合一週間前!

NO IMAGE

とどまったおじさん

NO IMAGE

お支払いはアボカドで

NO IMAGE

働くジャマイカの人たち

NO IMAGE

年越しサバイバル